顔のニキビを治したいなら、まずは洗顔方法を見直そう

ニキビを気にする女性

顔のニキビを治したいときに、まず最初に意識すべきなのは毎日の洗顔のやり方です。顔にニキビができてしまうと、とりあえずドラッグストアでニキビ対策の塗り薬や飲み薬を買ってきて、それでなんとかしようとするのですが、これだと顔にニキビができる根本的な原因の解決にはつながりません。顔のニキビを治す方法を知りたいのであれば、まずはこの原因をしっかり把握することが大切です。

 

顔ニキビができる原因は?

顔にニキビができる原因はニキビの元となる菌が、顔の表面にあるからです。それをしっかり取り除くことが、顔のニキビを治すすための第一歩なんですね。そのために正しい洗顔を心がける必要があります。では顔のニキビ治すすための正しい洗顔とは、どういった方法なのでしょうか?

 

正しい洗顔のやり方

洗顔の写真

ここから顔のニキビを治すため、また顔にニキビができにくくする正しい洗顔の話をしたいのですが、それにはまず間違った洗顔のことを知ることが大事です。多くの人がやってしまう間違った洗顔とは、ニキビ周りを清潔にしようと、ゴシゴシ強く洗ってしまうことです。中には硬めのスポンジなどで、肌に傷がつきそうなほど激しく顔を洗うという人もいます。気持ちはわかるのですが、そういう洗顔の仕方は完全に逆効果になります。つまり、強い力でこすって洗うようなやり方だと、顔のニキビを治すどころか逆にニキビが増えてしまう可能性もあるということです。

 

今後はそういう洗い方はやめて、優しく洗うという方法に変えてください。イメージとしてはゴシゴシと手でこするように洗顔するというよりは、洗顔石鹸の泡で洗うというイメージです。肌に余計な傷をつけないということが大事なんですね。

 

ただそれを実現しようとすると、ある程度しっかりした泡ができる洗顔石鹸を利用しなければなりません。よくドラッグストアや薬局などでも泡で洗顔できる商品が市販されていますが、それらの洗顔料の泡は、すぐに消えてしまうような弾力のない泡であることがほとんどです。

 

泡で洗うということを目指すのであれば、それなりにしっかりとした弾力のある泡であることが求められます。

 

弾力のある泡で洗える洗顔せっけん

そのような弾力ある泡が作れるニキビ専用の洗顔せっけんがプライマリーという会社が販売しているノンエー(NonA)という商品です。非常に泡立ちがよい洗顔石鹸で、ニキビ肌を優しく洗うには最適の石鹸です。他にもニキビ用の洗顔料や石鹸などは市販されていますが、手ごろな価格で購入することができ、また人気も実績もあるこのノンエーが一番のおススメになります。

 

ニキビに困っている方は是非一度手に取って試してみてください。

 

大人ニキビを治したいときは?

鏡で顔を見ている女性

大人ニキビを治したいと考えたら、症状に合わせた対処法を選ぶ事が重要になってきます。上記で書いた顔のニキビを治す方法と重複する部分もありますが、まずは大人ニキビでよくある「白ニキビ」について細かく知っておきましょう。

 

ニキビのなかでも、毛穴の中に白い芯が出来た事により皮膚の表面が少し盛り上がった状態になっているものが、白ニキビです。
この白い芯は、皮脂や剥がれた角質等が、毛穴の中に詰まった後、角栓となったものです。ニキビは潰さない方が良いというイメージを持つ人も多いでしょう。ですが、この角栓にアクネ菌等の細菌が繁殖してしまうと、炎症を起こし、赤ニキビへと変わっていく事になります。ですから、白ニキビに対するニキビ対処法として有効なのは、毛穴の中の角栓を取り除いて治すとい方法です。実際に、皮膚科でのニキビ治療でも、この段階のニキビに対しては、毛穴の中の角栓を押し出して取り除く、面皰圧出という方法で治療をしていく事が一般的です。

 

この面皰圧出で使うアクネプッシャーは市販もされているので、ニキビが出来やすいのであれば、購入しておくと、いつでも手軽に使えるようになります。毛穴の中の角栓を取り除けば、その先の段階へ進みにくい状態を作る事が出来るだけでなく、早く治りやすい状態を作る事が出来ます。ただ、実際に角栓を取り除く時は、それだけでニキビが治ると簡単に考えるのではなく、肌の新陳代謝を高める事も意識しておく事が大切です。新陳代謝が活発でない肌の場合、何度もニキビが出来てしまう事になります。ですから、肌の新陳代謝を促進するビタミンC誘導体が配合された化粧水でケアをする、毎日の睡眠時間をしっかりと確保する等、新陳代謝が活発になりやすい状態を作っておく事が大切です。それにより、ニキビが出来やすい状態を作るだけでなく、早くニキビが治りやすい状態を作っていく事が出来ます。